2015年12月25日

2015年度シネ4アカデミー賞

2015年シネ4アカデミー賞発表!

 2015年もいよいよ終わり。この時期に外せないのは「紅白歌合戦」でも「笑ってはいけない」でもなく、シネマ4の字固めが独断と偏見で決める映画賞「シネ4アカデミー賞」です!
 今年シネ4で取り上げた映画と、その他にタカノ、マルモト二人が個人的に鑑賞した映画の中から栄えある「主演男優賞」「主演女優賞」「脚本賞」「監督賞」「作品賞」を決定して、頼まれもしないのに授与します。さらに、リスナーからのお便りを元に「シネ4観客賞」、マルモトが突撃した作品の中から最もヒドかったものに「マルデミー賞」をこれまた勝手に授与します。決定方法は、各自が推薦するノミネート作品とノミネート理由を出し合って、協議の上受賞作を決めるという厳正な審査に基づいております!
 2015年は洋画・邦画問わず、良作佳作がたくさん公開され、映画ファンにとってはかなり充実した一年だったのではないかと思います。シネ4でも(作品選びに偏りはあるものの)語りがいのある映画が多かった印象です。そんな作品群の中から、名誉ある各賞を受賞するのはどの作品なのでしょうか?
 作品関係者にとってはありがた迷惑、本場ハリウッドのアカデミー賞も真っ青のシネ4アカデミー賞2015、お聞きください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 06:04 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

「グリーン・インフェルノ」ネタバレ感想

「グリーン・インフェルノ」のネタバレあり感想・批評です!

 「ホステル」で世界中のホラー映画ファン、キワモノ映画ファンを熱狂させたイーライ・ロス監督の久しぶりの新作「グリーンインフェルノ」。
イーライ・ロスがあの有名な「食人族」を手がけるということで、好きな人にはたまらない組み合わせです。出演は、ロレンツァ・イッツォやアリエル・レビなど。
 環境保護活動を行う団体の乗る飛行機がアマゾンの奥地で墜落、そこに現れたのは食人文化を持つ部族だった・・・ということで、あらすじを読めばこの映画の見所はわかるはず。同時に、「絶対観ない」という人も出てくるでしょう。予告編からして、「好きな人だけおいでませ!」という雰囲気ばっちりです。もちろんシネ4でも取り上げない訳にはいきません。
 今回の話題は・・・
・ホラーなのかギャグなのか?イーライロス監督のサービス精神・批判精神が詰め込まれた「グリーン・インフェルノ」の見所とは?
・ホラー映画の常識を覆す!?食べられちゃう人たちのキャラ立ち具合と、彼らの顛末に対する感想とは?
・イーライロス監督は観客の期待に応えてくれたのか?若干のツッコミと、オチへの苦言

ラストのオチまでネタバレして語っているので、まだ未見の方はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 00:36 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

「ラスト・ナイツ」「ギャラクシー街道」ネタバレ感想

「ラスト・ナイツ」&「ギャラクシー街道」のネタバレあり感想・批評です!

 今回は豪華2本立て!
まずは「ラスト・ナイツ」。
「CASSHERN」「GOEMON」紀里谷和明監督の最新作にして、ハリウッドデビュー作品です。
写真家、ミュージックビデオのディレクターとして有名になり、現在では、宇多田ヒカルの元旦那という称号?も持っている紀里谷監督。
前作から6年を経て、いきなりのハリウッドデビューに驚いた人も多いのではないでしょうか。
しかも本作「ラスト・ナイツ」は、クライヴ・オーウェン、モーガン・フリーマンといった大物俳優が出演し、「忠臣蔵」を中世の騎士の世界に置き換えた意欲作。
はたして紀里谷和明×ハリウッド大物俳優×忠臣蔵で、どんな化学反応が起きたのでしょうか?

続いては、「ギャラクシー街道」。
映画が公開されるたびにテレビに出て告知しまくる、三谷幸喜監督の最新作。
香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬といった豪華キャストに加え、梶原善や西田敏行ら、三谷作品の常連組も多数顔を揃えています。
最大の特徴は、登場人物のほとんどが宇宙人という設定であること。
様々なコメディ作品を手がけている三谷監督ですが、宇宙が舞台のコメディは初めてだそうです。
公開されるや賛否両論、様々な意見が出てきた問題作、「ギャラクシー街道」はどんな出来だったのでしょうか?

どちらも若干ネタバレしつつ話していますので、未見の方はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 02:24 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする