2018年06月28日

『いぬやしき』『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』ネタバレ感想

映画『いぬやしき』のネタバレあり感想&批評です!



『ガンツ』の奥浩哉原作の人気コミック「いぬやしき」を実写映画化!

主人公の犬屋敷壱郎を演じるのは、とんねるずの木梨憲武!もう一人の重要キャラ、獅子神を演じるのは、佐藤健!機械の体を手に入れたこの二人がぶつかり合う!



実写映画化が決定した時から、木梨憲武さんがフケメイクを施して主演することでかなり注目されました。木梨さんは映画に主演するのが16年ぶりで、佐藤健さんは初の悪役に挑戦…などなど、話題性には事欠かない本作ですが、原作マンガのスケールを実写でどこまで再現できるのか?といった不安要素もあります。



メガホンを取るのは、同じ奥浩哉原作の『ガンツ』を実写映画化した佐藤信介監督。佐藤監督と言えば、和製ゾンビ映画のレベルを大幅に引き上げた秀作『アイアムアヒーロー』が印象的ですねー。ZQN(ゾキュン)が不気味で気持ち悪くて素晴らしかったですねー。

今回は「機械人間」同士のバトル、東京を舞台にした大殺戮劇など、原作の肝になる要素をどう実写化してくれるのでしょうか?



マーベルシネマティックユニバースやDCエクステンデッド・ユニバースなど、ハリウッドではコミックから飛び出したスーパーヒーローが活躍する実写映画が多数公開されていますが、日本映画が実写でどこまで太刀打ちできるのか見ものです!



相変わらずネタバレしながら話していますので、映画『いぬやしき』未見の方はご注意ください!


posted by シネマ4の字固め at 00:35 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする