2017年12月18日

映画「ワンダーウーマン」「新感染ファイナルエクスプレス」ネタバレ感想

映画「ワンダーウーマン」と「新感染 ファイナルエクスプレス」のネタバレあり感想・批評です!

更新が大幅に遅くなってしまい申し訳ありませんでした!!
お久しぶりのシネマ4の字固めです。

まずは「ワンダーウーマン」。
「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」で華々しく銀幕デビューしたワンダーウーマンことダイアナさん。「バットマンVSスーパーマン」に芳しくない評価が集まる中、彼女の登場シーンに対してはおおむね好意的な印象の持った人が多かったようです。

何よりもまず、ワンダーウーマンを演じるガル・ガドットさんのハマりっぷりが素晴らしいですね。そして今回満を持して単体作品が公開されました。

果たして映画はどんな出来だったのでしょうか?
今後の「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズの行方を占う意味でも興味深いですね!

続いてコリアン・ゾンビ・ムービー「新感染 ファイナルエクスプレス」です。
高速鉄道の車内を主な舞台とした限定空間型ゾンビ映画という新しいアイデアで評価の高い一作。何やらスティーブン・キングがこの「新感染」を絶賛したらしく、すでにアメリカでのリメイクも決まっているとか。
シネ4にとっては大好物のゾンビもの、どんな出来になっているのでしょうか?

どちらの作品もネタバレありで話してますので、未見の方はご注意ください!




posted by シネマ4の字固め at 21:22 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする