2017年02月26日

「青鬼 The Animation」ネタバレ感想

「青鬼 The Animation」のネタバレあり感想&批評です!

原作は2004年にインターネットで公開されたフリーホラーゲーム「青鬼」。
現在までに動画サイトなどで様々な関連動画が投稿され、それらの総再生回数はなんと累計1億回!
さらにノベライズ化や実写映画化など、様々なメディアミックス展開をしてきた人気コンテンツです。
今回は3Dアニメーションでの映画化、ストーリーも完全オリジナルらしいので、「青鬼」初心者も楽しめるはず!…ということで突撃してきました。

逢坂良太、水島大宙、喜多村英梨、森嶋秀太といった人気声優がキャスティングされ、脚本には「かまいたちの夜」のシナリオで有名な我孫子武丸氏を起用。
主題歌は志方あきこ! 題字は雨宮慶太監督!
…ということで、なかなか期待できそうな布陣の作品です。

今回の話題は…
・驚愕のクオリティで展開する3Dアニメーションにびっくり!己の想像力を試される新しい形のホラー映画誕生!
 (予告編などの前情報一切無しで観たので余計びっくり!)
・60分という短時間でまとめられたシナリオについて。
・「青鬼 The Animation」の劇場公開は、コンテンツの強さの証拠だ!
…などなど。

今回もネタバレありで話してますので、「青鬼 The Animation」未見の方はご注意ください!


posted by シネマ4の字固め at 01:12 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする