2017年02月26日

映画「グリーンルーム」ネタバレ感想

映画「グリーンルーム」のネタバレあり、感想&批評です!

売れないパンクバンドが訪れたライブ会場は、ネオナチの巣窟だった!
パンクバンドVSネオナチ軍団!殺戮の一夜が幕を開ける!!

…ということで、「グリーンルーム」は我らボンクラが大喜びしそうな売り文句で話題のスリラー映画です。
主演は、不慮の事故で亡くなったアントン・イェルチン。「スタートレック」のクルーとしておなじみですね。

前作「ブルーリベンジ」で高い評価を得た新進気鋭の映画監督、ジェレミー・ソルニエがさらなるバイオレンス描写に挑んでいます。
公式ホームページを見ると、「21世紀のサム・ペキンパーと評される」と書いてあるので、期待せずにはいられません。

しかも今回は楽屋(グリーンルーム)を舞台にしたシチュエーション限定映画。
「密室×パンクス×ネオナチ×殺戮=期待しかない」というアインシュタインもびっくりの方程式が成り立ちますが、果たして作品はどんな出来だったのか?

主な話題は…
・故アントン・イェルチンの名演!確かな演技力で魅せるヘタレぶり!
・シネ4の2人が本編を観て一番驚いたこと。「実は●●●●が全く関係ない」!
・限られた空間と道具が作り出す素晴らしい緊張感について
・「ドント・ブリーズ」と比べてみる。武器と敵(モンスター)の扱いについて
などなど。

もちろんネタバレ上等で話していますので、「グリーンルーム」未見の方はご注意ください!




posted by シネマ4の字固め at 01:09 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする