2016年01月31日

映画「モンスターズ/新種襲来」ネタバレ感想

「モンスターズ/新種襲来」の感想&批評(ネタバレあり)です!
本作は、低予算にも関わらず独自の世界観を構築して高い評価を得た「モンスターズ/地球外生命体」の続編。
前作の監督をつとめたギャレス・エドワーズは、「GODZILLAゴジラ」の監督を任されるなど、この「モンスターズ」をきっかけに大ブレイクしました。今回ギャレス・エドワーズは製作総指揮を担当し、再び「モンスター」と人間の戦いを描きます。
前作を観た人ならご存知の通り、この「モンスターズ」はいわゆる怪獣映画とはちょっと違います。もちろん恐ろしい怪獣は出てくるのですが、「ウルトラマン」のような肉弾戦や、「ゴジラ」のような軍隊と怪獣との派手なドンパチはありません。「怪獣が存在する世界で繰り広げられる人間ドラマ」を描いているのです。もちろん低予算という制約も影響しているでしょうが、丁寧な演出やポイントを抑えたVFXなどで、そうした制約を感じさせないビジュアル、ドラマを作り上げた点が大いに評価されたのです。
さてその続編、当然予算は前回よりUPしているでしょう。皆の期待も高まっています。さらに今回はアメリカ軍の兵士たちが主人公。モンスターから逃げるだけだった前作の主人公に対して、今回はモンスターと戦う人間が主役なのです。これはいやでも派手な戦闘シーンを期待してしまいます。しかしそれが売りのシリーズでもないでしょうし、一体どんな作品に仕上がっているのでしょうか?
ネタバレしながら語っていますので、「モンスターズ/新種襲来」未見の方はご注意ください!





posted by シネマ4の字固め at 01:47 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする