2015年11月23日

映画「ヴィジット」ネタバレ感想

「ヴィジット」のネタバレあり感想・批評です!

 なんだかんだ言って皆が気になる監督、M・ナイト・シャマランの最新作「ヴィジット」は、シャマラン初のPOV方式を取り入れたサスペンス・ホラー。
初めて会う祖父母の家で1週間過ごすことになった姉弟が経験する恐怖とは?

 「シックスセンス」で衝撃のデビューを果たすものの、最近はヒット作に恵まれなかったシャマラン監督。彼の作風と言えば、「予想できないストーリー展開」、「周到に張られた伏線と驚きの大どんでん返し」などのイメージが強いかと思います。あまりにもそうした作家イメージが強いため、新たな作風を見せつけようと、「エアベンダー」「アフター・アース」なども発表しましたが、世間の評価はいまいち。

 しかし今回の「ヴィジット」は、予告編などを観る限り、「みんなが期待する」シャマラン映画に仕上がっているようです。前評判も上々で、いよいよシャマラン復活か?との声も。

 さらに、近年大流行しているPOV方式の採用も見所です。今回は主人公の姉弟が撮影したドキュメンタリーという設定。もはやPOV自体はありふれた手法のひとつですが、シャマラン監督がそれを使ってどんな恐怖映像を作り上げたのか気になります。

 今回の「ヴィジット」は何時にも増して重要なネタバレを含みつつ話しています。まだ未見の人はご注意を!





posted by シネマ4の字固め at 13:15 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする