2015年09月09日

「海街ダイアリー」「バケモノの子」のネタバレ感想

「海街ダイアリー」と「バケモノの子」のネタバレあり感想・批評です!

諸事情により更新が滞ってしまい大変申し訳ありませんでした!
ということで久々の更新は2作品を一挙に語ります。

「海街diary」
是枝監督の最新作は、コミック原作を4人の人気女優主演で実写化。
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、そして広瀬すずという豪華キャストが4姉妹に扮します。
是枝監督と言えば、ドキュメンタリー的な手法で、キャストの自然な演技を引き出す事を得意としています。特に子役のリアルな描き方には定評がありますが、今回はこの4人の女優をどのように演出しているのでしょうか?
・広瀬すずをはじめ、女優たちの演技と存在感について
・美しい、良い話だけではない、「海街ダイアリー」の不穏さとは?

「バケモノの子」
いまや国民的アニメ映画監督としての地位を確立したかに見える、細田守監督の最新作。バケモノの世界に迷い込んだ孤独な少年と、乱暴者のバケモノとの交流と成長が描かれます。
夏休みのファミリー映画として大ヒットしている本作品、細田監督の前作「おおかみこどもの雨と雪」をあまり評価しなかったシネ4の二人はどう観たのでしょうか?
・バケモノの世界と人間の世界を描く試みから見えてくるものとは?
・そして結局今回の作品で細田守監督への評価はどうなったのか?

どちらもねたばれしながら語っていますので、未見の方はご注意を!






posted by シネマ4の字固め at 05:01 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする