2015年04月21日

「イントゥ・ザ・ウッズ」「フォックスキャッチャー」「イミテーション・ゲーム」「幕が上がる」ネタバレ感想

「イントゥ・ザ・ウッズ」「フォックスキャッチャー」「イミテーション・ゲーム」「幕が上がる」など最近観た映画についてゆるゆると語ります!

「イントゥ・ザ・ウッズ」
シンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木など、誰もが知っているおとぎ話のその後を描いたミュージカルファンタジー映画。
複数の物語の登場人物が絡み合い、どんな結末を迎えるのか?
ツッコミどころを指摘しつつ、後半のオリジナル展開について語ります。

「フォックスキャッチャー」
大富豪の御曹司が、レスリングのオリンピック金メダリストを殺害した実在の事件を元にした作品。
主演のスティーブ・カレルと助演のマーク・ラファロがそれぞれアカデミー主演男優賞、助演男優賞にノミネートされて話題になりました。
シネ4の二人がうなる、役者陣の熱演とは?

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」
みんな大好きベネディクト・カンバーバッチ主演の歴史サスペンス映画。第二次世界大戦時、ドイツ軍の暗号装置エニグマの解読に挑んだ暗号解読者を描きます。
暗号解読の話であると同時に、同性愛者の受難の物語でもある本作。
かわいそうなカンバーバッチについてと、ヒロインであるキーラ・ナイトレイの美しさについて語ります。

どの話題もゆるめですが、ネタバレもありますのでご注意ください。







posted by シネマ4の字固め at 04:27 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする