2015年02月18日

映画「ジョーカー・ゲーム」ネタバレ感想

「ジョーカー・ゲーム」のネタバレあり感想・批評です。

「このミステリーがすごい!」で第2位に選ばれた人気のスパイ小説を、亀梨和也主演で映画化した「ジョーカー・ゲーム」。
架空の日本と世界を舞台に、謎の諜報組織「D機関」のスパイ達の活躍を描きます。伊勢谷友介、深田恭子、小出恵介なども出演しています。

スパイ映画と言えば「007」シリーズ、「ミッション・インポッシブル」シリーズ、そして「ジェイソン・ボーン」シリーズなどが有名です。
邦画でスパイものは珍しいですが、かなり話題になっているようですね。

監督は「SRサイタマノラッパー」シリーズでおなじみの入江悠さん。
独特の演出と長回しで、ボンクラ達の生き様を描いてきた入江監督が今回挑んだのはスパイ映画!しかも主演がジャニーズの亀梨君!
「ボンクラ」とはほど遠いこの題材と役者を、どう料理するのか期待が高まります。

さらにシネ4的に見逃せないのはシナリオです。
「20世紀少年」「GANTZ」「ガッチャマン」など、近年の大作邦画の脚本を次々と手掛ける渡辺雄介さんが担当しているのです。いろんな意味で避けては通れません。

入江監督×渡辺雄介脚本×亀梨和也でどんな作品が生み出されたのでしょうか?








posted by シネマ4の字固め at 06:35 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする