2015年01月31日

映画「ホビット決戦のゆくえ」ネタバレ感想

「ホビット 決戦のゆくえ」のネタバレあり感想・批評です!

「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の前日譚とも言える「ホビット」シリーズもついに完結。
J・R・R・トールキンの原作「ホビットの冒険」は非常に短いお話ですが、映画は今回もしっかり2時間超え(145分)してます。

前作「竜に奪われた王国」で、ようやくドワーフの王国エレボールにたどり着いたトーリンらドワーフとホビットのビルボ。
ラスト近くで、邪悪な竜・スマウグがついに登場するも、盛り上がってきた所で映画が終わってしまい、「ここで終わるの?」とびっくりした人も多いはずです。
特にラスボス(?)であるスマウグは、声とモーションキャプチャを担当したベネディクト・カンバーバッチの熱演もあり、なかなかの存在感でした。
「スマウグが大暴れする所をもっと観られる!」という期待で胸をふくらませて今回の「決戦のゆくえ」に行ってきました!

今回の主な話題は・・・?
・最強最悪の竜スマウグの活躍ぶりはどうだったのか?
 ピーター・ジャクソン&ギレルモ・デル・トロという、現在の映画界を代表する2大怪獣・モンスター映画監督が携わっているのですから、これは当然気になるところ。
・完結編である「決戦のゆくえ」全体に漂う●●感とは?
 「ロード・オブ・ザ・リング」三部作、「ホビット」三部作の大きな魅力である「冒険」という要素について考えます。
・主人公ビルボの魅力の秘密とは?
 マーティン・フリーマンの当たり役、ビルボ・バギンズ。このキャラクターの造形がホビットシリーズの大きな魅力とも言えます。
そしてビルボに感情移入すればするほど芽生える他のキャラクターへの思いとは?

ねたばれしまくっていますので、映画未見の人はご注意ください!






posted by シネマ4の字固め at 18:00 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする