2015年01月24日

映画「ベイマックス」ネタバレ感想

「ベイマックス」のネタバレあり感想・批評です。
ディズニー・ピクサーの最新作はロボットもの。
人の心と体の傷を癒すケアロボットと、天才日本人少年のお話です。

巷では「予告編と本編が違い過ぎ!」と話題になっていたようです。
予告編では、ロボットと少年の心の交流を描いた感動ストーリーを全面に押し出していました。いかにも泣けるお話という感じで、ハンカチを用意して「ベイマックス」を観にいった人もいるかもしれません。
原作はマーベルのヒーローコミックということですが、さて本編はどうなっているのでしょうか?

常にハイクオリティな作品を量産し続けるピクサー。
「ベイマックス」も、一度見たら忘れないロボットのデザインや、架空の都市・サンフランソーキョー、個性豊かなヒーロースーツで戦う仲間達など、たくさんの見所があるようです。
特に今回は、日本人が主人公ということで、日本のアニメや漫画などの影響がどれくらい反映されているのか気になります。

主な話題は・・・
・チームを組んで脚本を練り上げるピクサーのやり方が、「ベイマックス」全体に与えた影響とは?
・悪役やラストのオチなど、ネタバレしまくりながらどうしても物申したかった理由とは?
などです!





posted by シネマ4の字固め at 01:11 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする