2014年11月17日

映画「フランク」ネタバレ感想

「フランク」のネタバレあり感想・批評です!
「フランク」は、今最もセクシーな映画俳優、マイケル・ファスベンダーの最新作。
今回は、どんな時でも決してお面を脱がないカリスマバンドマンを演じています。
そう言えば、「エックスメン」シリーズで若き日のマグニートーを演じた時はヘルメットを被っていましたね。
今回は顔を全て覆う被り物なので、誰だか全く分かりません。
イケメン俳優にとって最大の武器である「顔」を封印して、一体どんな演技を見せてくれるのでしょうか?

ストーリーですが・・・フランクが率いるインディーズバンドに、新たなメンバーとしてキーボード奏者のジョンが加入。彼らは森の一軒家にこもってアルバム制作を始めるが・・・という感じ。
常に被り物のフランクはもちろんですが、その他のバンドメンバーもくせのあるキャラクターばかり。
彼らのぶつかり合いがどんな結末を迎えるのかが物語のキモのようです。

主な話題は・・・
・「フランク」は現代版「アマデウス」なのか?
・才能を持つ者と持たざる者の話だけど、その差が○○!
・フランクの成長を描くラストにもの申す!
・もしあなたがジョンの立場だったら、どうする?
などです。

ストーリーの結末について盛大にネタバレしていますので、映画を未見の方はご注意ください!




posted by シネマ4の字固め at 20:00 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする