2014年10月24日

「猿の惑星 ライジング」&「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」ネタバレ感想

「猿の惑星 ライジング」&「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」

シネ4の二人が、最近観た映画についてダラダラと語る回です。
「どの回もダラダラ語ってるじゃん!」というご意見もありますが。

今回はSF映画2本立て!
「猿の惑星 ライジング」と「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」です。

「猿の惑星 ライジング」は、リブートして生まれ変わった「猿の惑星 ジェネシス」の続編。前作では、的確な演出と、主人公のチンパンジー・シーザーの格好良さが際立っていました。
「ゴジラ」に続いて絶好調のモーションキャプチャー役者、アンディ・サーキスが主人公シーザーを演じています。

主な話題は・・・
・マルモトが驚いた 、CG技術の進化とは?
・タカノが感じた、今回のお話の最大のツッコミ所とは?
・そしてこのシリーズはどんな方向に転がっていくのか?
などです。

「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」は、マーベルコミックスの映画化。宇宙のならず者たちが銀河の危機を救う、スペースアドベンチャーです。
主な話題は・・・
・作品の魅力を支える、魅力的なキャラクター。彼らのキャラ立ち具合にもの申す!
・今回の作品を観てタカノが懸念した、「今後のアイアンマンの存在感」とは?

いつにもましてゆる〜く語っています!





posted by シネマ4の字固め at 00:00 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする