2014年10月13日

映画「ある優しき殺人者の記録」ネタバレ感想

「ある優しき殺人者の記録」ネタバレあり感想です!
フェイクドキュメンタリー・ホラーの旗手、白石晃士監督の最新作は、全編ワンカット(風)で撮影された密室サスペンス。
白石監督得意のPOV手法で、殺人鬼と対峙する女性ジャーナリスト、カメラマンの恐怖を描きます。
カメラマン役はもちろん白石監督自身!
「息もできない」で気の強い女子高生を演じたキム・コッピが、殺人鬼と因縁のあるジャーナリストを演じます。

シネ4では過去に「オカルト」や「バチアタリ暴力人間」を取り上げて、オリジナリティあふれる白石監督の手腕を絶賛しました。
今回の「ある優しき殺人者の記録」は日韓合作。ついに海外に飛び出した白石監督、今度はどんな衝撃を与えてくれるのでしょうか?

ほとんど職人技に達しているPOV手法や強烈過ぎるキャラクター造形、そしてフィクションと現実の壁をぶち壊す独特のストーリーテリングなど、白石作品の魅力を改めて語ります。

さらに、独特過ぎるがゆえに面白さが伝わりづらいという、白石作品のジレンマについても。あらすじや予告編だけでは分からない、従来のジャンルを飛び越えた白石ワールドとは?

同時期に公開された「殺人ワークショップ」についても少しだけ触れています。






posted by シネマ4の字固め at 05:39 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする