2011年01月04日

【第54回】 映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の感想



【監督】 山崎貴
【脚本】 佐藤嗣麻子
【出演】 木村拓哉 黒木メイサ 柳葉敏郎

国民的テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写映画化。地球からはるか彼方のイスカンダル星を目指し、宇宙戦艦ヤマトの乗組員たちが戦いの旅を繰り広げる。監督は、『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴。主人公の古代進を木村拓哉、女性パイロットの森雪を黒木メイサが演じる。日本最高峰のVFXチームを率い、最新技術を駆使した圧巻のCG映像が見どころ。


posted by シネマ4の字固め at 19:00 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする