2010年07月12日

【第25回】 「ハングオーバー」の感想 史上NO.1コメディの災難

【監督】 トッド・フィリップス
【脚本】 ジョン・ルーカス スコット・ムーア
【出演】 ブラッドリー・クーパー エド・ヘルムズ
ザック・ガリフィナーキス ヘザー・グレアム  

結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ2日間を描く。アメリカのコメディー映画史上最高額を稼ぎ出した、パンチの効いた笑いにノックアウト必至!結婚前夜祭をラスベガスで過ごした男4人組。だが、翌日ホテルで目を覚ますとひどい二日酔いで、花婿になるはずのダグの姿が無く…。



あまりの面白さに署名活動が行われ、公開が決まった傑作コメディ。
しかし、そんな大ヒット作にマルモトさんが疑問を呈す!
やがて、2人の話は日本男児たちへの熱いメッセージに!


posted by シネマ4の字固め at 19:38 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする