2018年07月30日

映画『デッドプール2』ネタバレ感想

映画『デッドプール2』のネタバレあり感想&批評です!



前作『デッドプール』の大ヒットを受けて制作された第2弾。

異色のアンチヒーロー、デッドプールが再び大活躍するアクションヒーロームービーです。



主演は前作に引き続きライアン・レイノルズ!そして監督は『ジョン・ウィック』、『アトミック・ブロンド』でアクション映画に新風を吹き込んだデビッド・リーチ!

そして未来からやってきたマシーン人間ケーブルを演じるのは、ジョシュ・ブローリン!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でラスボス・サノスを演じた渋い親父がまたもアメコミ映画に登場です。



そして前作がヒットしたおかげで、この続編は明らかに予算がアップしています!アクションシーンは数も規模もグレードアップ!

さらに新キャラもたくさん登場して、鬼ヤバチーム「Xフォース」を結成!デッドプールと彼らがどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね!



今回の話題は…

・とりあえずの総評!『デッドプール2」は楽しい映画だが、観終わると〇〇〇〇!

・悪ふざけギャグ満載の作品だが、ストーリーの本質は〇〇だった!

・「第4の壁を破る」デッドプールの特殊能力はどう生かされたのか?

・そしてなぜか「アベンジャーズ」の次回作を心配する

などです。



今回もネタバレしながら話していますので、『デッドプール2』未見の方はご注意ください!ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 00:05 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする