2018年02月23日

「キングスマン ゴールデン・サークル」ネタバレ感想

「キングスマン ゴールデン・サークル」のネタバレあり感想・批評です!



イギリスの諜報機関「キングスマン」のスパイ達が大活躍する、スタイリッシュアクション大作の続編!

「キック・アス」で世界中の映画好きから大喝采を浴びたマシュー・ボーン監督が前作に続いてメガホンを取りました。

第1作は、キレッキレのアクションとやり過ぎのバイオレンス描写が話題になりましたが、「ゴールデン・サークル」はその辺りもさらにパワーアップしているのでしょうか?



あとこれは全くネタバレじゃないと思いますが、前作で死んだと思われていたコリン・ファース演じるハリーが、どんな復活を遂げるのかも興味深いところです。



主な話題は…

・マシュー・ボーン監督のサービス精神がすごい!各シーンにこめられたアイデアについて。

・新たな悪役、大女優ジュリアン・ムーアについてあれやこれや言いたい!

 前作に引き続きラスボスについて思ったこと。

・映画で扱われる「ドラッグ」「ドラッグ使用者」についての見解が興味深い!

・結局前作とくらべてどうだったのよ?

などです!



もちろんネタバレ全開で話していますので、「キングスマン ゴールデン・サークル」を未見の方はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 01:48 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする