2017年08月30日

「メアリと魔女の花」ネタバレ感想

「メアリと魔女の花」のネタバレあり感想&批評です。
スタジオジブリ…じゃなくてスタジオポノック初のアニメ映画で、監督は「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」の米林宏昌です。

キャッチコピーは「魔女、ふたたび。」
…このキャッチコピー、すごくないですか?
スタジオポノックという新会社の記念すべき第1作なのに、「ふたたび」ですよ。明らかにスタジオジブリ制作の「魔女の宅急便」(あと「ハウルの動く城」もかな?)を意識しているうえ、自ら「柳の下のどじょう狙ってます!」「ジブリ作品だと誤解する客狙ってます」と宣言してるようなもの。映画を観る前から制作サイドの志が透けて見えて嫌な予感がしますね。

しかし出演者は豪華ですよ!
主人公のメアリは天才子役、杉咲花!相手役のピーターは、みんな大好き神木隆之介!その他天海祐希、満島ひかり、小日向文世など、錚々たる役者陣が揃っています。
そして主題歌はSEKAI NO OWARI!

ジブリっぽい!ジブリのパクリ!などと言われる本作ですが、実際スタッフの多くは過去にスタジオジブリ作品に関わった人が多いのですからしょうがないことですね。と言うより、スタジオジブリで腕を磨いた実力派アニメーターが集結しているのですから、映像のクオリティは保証済みとポジティブに捉えればいいのではないでしょうか。
問題は脚本と演出ですが…。
どんな作品だったのか、ネタバレしまくりで話しています!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 18:51 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

映画「パトリオット・デイ」ネタバレ感想

映画「パトリオット・デイ」の感想&批評です!
2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側を映画化した「パトリオット・デイ」。
主演はマーク・ウォールバーグ。監督は、「ローン・サバイバー」や「バトルシップ」のピーター・バーグ。事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を、群像劇のスタイルで描き出します。
迫力のあるアクションシーンや確かな演出力で、「信頼できる監督」との呼び声も高いピーター・バーグですから、この最新作も期待できます!
実話をベースにした作品として「ローン・サバイバー」「バーニングオーシャン」を監督していますので、今回の「パトリオット・デイ」もお手の物でしょう。
それにしても、「ローン・サバイバー」の落下シーン、痛そうでしたね・・・。人がモノのように転がっていくのをあの映画で初めて見ました。
そして「バトルシップ」の愛すべきバカ映画っぷりも印象に残っている人が多いのではないでしょうか?
今回の話題は・・・
・すでに結末が知られている実話を、ハラハラドキドキのサスペンスに仕上げるピーター・バーグの手腕!
・登場人物の顔が、仕草が妙に気になる!群像劇の新たな形?
・最大の問題点は主人公にあり?マーク・ウォールバーグの役どころに対する苦言とは?
などです。
もちろんネタバレありで話していますので、「パトリオット・デイ」未見の方はご注意ください!ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 00:21 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする