2017年06月09日

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」ネタバレ感想

大変長らくお待たせいたしました。シネマ4の字固め、久々の更新です。
前回のラストで告知していた映画と違っていてすいません。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」は、飛ぶ鳥を落とす勢いのマーベルスタジオ制作最新作。前作で銀河を救ったならず者チームが、再び宇宙の危機に立ち向かいます。

前作ではスター・ロード(ピーター・クイル)らの出会いが描かれていましたが、今回はすでにチームとなった彼らの、主に家族に関する問題が文字通り「宇宙規模」で展開します。
ものすごい簡単なあらすじは…
前作のラストで言及された、ピーター・クイルの本当の父親が登場!謎に包まれたその存在に、チームの絆が揺らぐ…。という感じ。

この「ガーディアンズ〜」シリーズは、今のところ過去のマーベル・シネマティック・ユニバース作品を全く観ていなくても充分に楽しめるのが魅力の1つ。
ただし、暗殺者ガモーラ(「グリーン姉さん」で検索しちゃダメ!)の妹で全身サイボーグのネビュラや、ピータの育ての親ヨンドゥなども前作以上にストーリーに絡んできますので、前作を観ているとより楽しめるかと思います。

ちまたでは概ね絶賛されている本作ですが、シネ4の2人はどう観たのか?
相変わらずネタバレ満載ですので、未見の方はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 00:01 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする