2016年04月04日

映画「シャーロック忌まわしき花嫁」ネタバレ感想

映画「シャーロック 忌まわしき花嫁」のネタバレあり感想&批評です!

 世界で最も有名な探偵、シャーロック・ホームズ。アーサー・コナン・ドイルの推理小説から生まれたこのヒーローは、小説・映画・テレビドラマなど様々なジャンルに登場し、時代を超えて愛されてきました。
 「シャーロック」は、ホームズを新たなキャラクターとして生まれ変わらせたBBCの人気テレビドラマシリーズで、今回はその特別編。

 主演は、人気イケメン俳優ベネディクト・カンバーバッチと、『ホビット』シリーズのビルボ役でお馴染みのマーティン・フリーマン。
旬な2人がスマホやインターネットを駆使して事件を解決するという、これまでにないスタイルが人気を呼び、その特別編が日本で劇場公開されることになりました。

 通常のシリーズとは異なり、特別編の舞台は19世紀のロンドン。そう、現代劇だった「シャーロック」を原作の世界観に戻すという若干複雑な構成になっています。しかもこの作品、中盤で驚くべき展開を迎えるのでした…。通常シリーズをいくつか見た程度のタカノと、全くの初見のマルモトは、今回の特別編にどんな感想を持ったのでしょうか?

 最終的に、「シャーロック」話題はなぜかあの伝説のアニメ作品に移っていきます!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 04:46 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする