2015年10月18日

映画「キングスマン」ネタバレ感想

「キングスマン」のネタバレあり感想・批評です。

「キックアス」のポンコツヒーロー青春映画で、映画ファンの心を鷲掴みにしたマシュー・ボーン監督の最新作「キングスマン」がついに登場。

今回は、どこの国にも属さない謎のスパイ機関・キングスマンと、彼らにスカウトされた若者の物語。
奇想天外な人類抹殺計画を企てるIT億万長者を阻止するミッションと、若者がキングスマンで訓練を受ける様子が同時進行で展開します。

「キックアス」では、ヒットガールという強烈過ぎる美少女暗殺者が大活躍しましたが、今回はコリン・ファースがスーツをビシッと着こなして大暴れするようです。
サミュエル・L・ジャクソンも今時の悪役らしいIT大金持ちを実に楽しそうに演じているようで、期待が高まる「キングスマン」。

もちろん「007」シリーズや「ミッション・インポッシブル」などのスパイ映画に対するマシュー・ボーンなりの回答を、彼なりのスピード感とバイオレンスあふれる手法で見せてくれるでしょうから、映画ファンは見逃せないでしょう。

いくつかの「やりすぎ」演出には賛否両論あるようですが、実際のところはどうだったのか?今回もネタバレ頻出で語っておりますので、「キングスマン」未見の方はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 05:40 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする