2015年02月24日

映画「アニー」ネタバレ感想

「アニー」のネタバレあり感想・批評です!
シネマ4の字固めでこれまでに取り上げた映画のラインナップをご存じの方なら、今回のお題作品に違和感を持つかもしれません。
普段アクションやホラー、サスペンス、SFなどを多く取り上げているのに、王道のミュージカル映画ですから。

「アニー」は、孤児のアニーと、彼女と出会って絆を深めていく大富豪の男の物語です。
ブロードウェイ・ミュージカルとして上演されて大ヒットし、その後世界各地でも上演されるようになりました。
「アニー」の舞台を観たことがない人でも、赤毛でモジャモジャ頭の女の子のビジュアルや、有名な楽曲「トゥモロー」のメロディなどは観たり聴いたりしたことがあるのではないでしょうか?

シネ4で「アニー」を取り上げた理由はポッドキャスト本編で聴いていただくとして、今回の作品は元々の時代設定(世界大恐慌の直後)から現代のニューヨークに変更されていたり、主人公アニーを演じる子役が黒人少女だったりと、新時代の「アニー」としても注目されているようです。

またアニーを演じたクワヴェンジャネ・ウォレスは「ハッシュパピー〜バスタブ島の少女〜」で、史上最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされた実力派子役。一体どんな「アニー」を見せてくれるのでしょうか?

ミュージカル映画が好きな人も苦手な人も、ぜひお聴きください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 19:22 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

映画「ジョーカー・ゲーム」ネタバレ感想

「ジョーカー・ゲーム」のネタバレあり感想・批評です。

「このミステリーがすごい!」で第2位に選ばれた人気のスパイ小説を、亀梨和也主演で映画化した「ジョーカー・ゲーム」。
架空の日本と世界を舞台に、謎の諜報組織「D機関」のスパイ達の活躍を描きます。伊勢谷友介、深田恭子、小出恵介なども出演しています。

スパイ映画と言えば「007」シリーズ、「ミッション・インポッシブル」シリーズ、そして「ジェイソン・ボーン」シリーズなどが有名です。
邦画でスパイものは珍しいですが、かなり話題になっているようですね。

監督は「SRサイタマノラッパー」シリーズでおなじみの入江悠さん。
独特の演出と長回しで、ボンクラ達の生き様を描いてきた入江監督が今回挑んだのはスパイ映画!しかも主演がジャニーズの亀梨君!
「ボンクラ」とはほど遠いこの題材と役者を、どう料理するのか期待が高まります。

さらにシネ4的に見逃せないのはシナリオです。
「20世紀少年」「GANTZ」「ガッチャマン」など、近年の大作邦画の脚本を次々と手掛ける渡辺雄介さんが担当しているのです。いろんな意味で避けては通れません。

入江監督×渡辺雄介脚本×亀梨和也でどんな作品が生み出されたのでしょうか?


ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 06:35 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

映画「ゴーンガール」「海月姫」などネタバレ感想

シネ4の二人が、年末年始に観た映画が何本かあります。
「ゴーンガール」や「バッドマイロ」など、
なかなかクセのある作品が多いですが、主に今回はタカノが観たという、
「海月姫」について語ります。

なぜなら、能年れなさんが主演だからです!
朝ドラにも関わらずこのポッドキャストで何度か話題にした「あまちゃん」。その主演が能年れなさんでした。主人公あまのあきの天然キャラがぴったりハマった彼女の魅力に、シネ4の二人も引きつけられていました。

その後、彼女が不良少女を演じた「ホットロード」も取り上げました。
「あまちゃん」終了後初の主演映画だけにかなり注目されて、話題にもなっていました。(シネ4での評価については、過去のポッドキャストをお聴きください。)

そして次に公開されたのが「海月姫」です。
東村アキコの人気漫画が原作で、能年さんはクラゲオタクの女性を演じています。海女さんでアイドル→不良少女→オタクと、様々なキャラクターに挑戦する能年さん、今回のオタク少女はどんな風に演じているのでしょうか?
また、映画そのものの出来はどうだったのでしょうか?
今回もかなりネタバレしながら話していますので、「海月姫」未見の人はご注意ください!

ポッドキャストを聞く
posted by シネマ4の字固め at 18:00 | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする